作者別: admin

医師で職場に悩みのある方は思いきって転職してみよう!

自分で転職先を探す場合には十分注意しよう

医師として働いている方で、今現在勤めている職場に不満のある方もいるのではないでしょうか。その職場で続けて頑張ることももちろん悪くはないですが、より快適に働くためには今の職場から他のところへ移るのもひとつの方法です。転職先の見つけ方として自分で求人募集をチェックし、気になったところへ応募する方法があります。しかし、注意点としては、実際に電話などで詳しいことを尋ねてみると、調べた情報と仕事内容のずれが生じるケースもあるということです。よって、自身で求人募集を探す場合には、その点に十分気をつけた上で転職活動を行う必要があります。

安心して転職活動が行える方法とは?

医師が転職先を自身で探す以外の方法として、医師専門の転職エージェントサイトを利用するのもひとつの手です。転職エージェントサイトに登録をすませると、担当のキャリアコンサルタントが転職希望者の意見を詳しく聞き、それをもとに求人案件を紹介してもらえます。この時キャリアコンサルタントは、病院側と転職したい方が上手くつながるよう最も適切な案件を選んでくれるでしょう。よって、面接を受けてから採用されないということは、よほどのことがない限りありません。また、普段仕事でなかなか時間が取れない方でも、転職エージェントサイトを利用すれば効率よく転職先を探すことができます。このように、転職エージェントサイトには安心して転職活動が行えるという良さがあるので、興味のある方は使ってみてくださいね。

医師の募集は医師募集広告サイト、医師転職、医師募集サイトなどで求人がかけられており、ネットで探す事が出来ます。

0 Comments
Read Full

医師の求人のためのウエブサイト活用はお勧めです

医師の総数が足りないというのはニュースなどを通じてよく見かけます。長時間にわたる就業、或いは人命を取り扱うことから責任そのものが非常に重いなど様々な問題点が挙げられます。とりわけ、田舎、あるいは離島などでは一層根の深い問題となっています。医師の仕事がしたい人が勤務場所の医療施設を探すケースで、多種多様な方法があります。 かつては、医療施設に案内されている医師求人を見に行ったり、新聞等の求人広告を見るなどの手法ぐらいしかありませんでした。 しかしながら、時代も変化してネットの一般化により、医師の求人のためのウエブサイトも中身の濃いものが増加傾向にあります。 要領よく見つけることができるようになったことからとても便利になっています。医師を目標にする人は、積極的に医師の求人のためのウエブサイトを利用しましょう。多くの場合、価値のある情報が見つかるでしょう。

多岐に亘っている医師の求人と能力向上の必要性

医師不足が噂されている現在ではありますが、医療施設のみならず様々な場所で医師の求人が行われるようになっています。 医師求人といいますと病院などの医療施設での募集が、普通でしたが、最近に於きましては産業医といった会社組織であるとか、老人ホームといった施設を踏まえての医師募集が増加するようになっています。こういったことについては、多種多様な社会的背景や現象などから出現していると考えられます。 社会状況の変化や高齢化社会の拡大とともに、医師に関しましては今まで以上に、全体的な能力も必要とされるようになりましたので、広い範囲に亘る技能アップが必要されてくるでしょう。

医師を非常勤で募集するには、医師専門の転職サービスを行っている会社に依頼する事でスムーズな人材確保を行う事ができます。

0 Comments
Read Full

工場で働くって、どんなことをしているの?

工場で働くと聞いて思い浮かべるのは、重い荷物を背負って運んだりする肉体労働や専門的な薬品を利用した加工作業場といった特殊で専門性のある場所というイメージがあるかもしれません。しかし実際は未経験でも可能な職種が多く、はんだ付けや溶接、機会へのデータ入力や組立作業といった作業もあります。他にも肉体労働では構内での仕分け作業や梱包もあります。フォークリフトやクレーン操作、車両整備なども行うのでこうした資格があれば給与アップや待遇などが良くなる場合があり、能力を十分に発揮できる場所となるでしょう。寮付きの工場もあるので、自宅近くではない人でも働くことが可能です。

気になる年齢や資格、働けるの?

工場は様々な年齢層の方が働いている場所です。業種にもよりますが、年齢制限がない場合があり定年退職後や長いブランクがある人、パソコンの扱いが出来ない人でも働ける工場があります。特に技術や専門資格がなくても本人の努力次第というケースがあるので、働きたいという意思が強い事をアピールすると良いでしょう。また、即日で採用している工場も多く直ぐに働き始めたいという意思を汲んでくれるのは有難いことですし、事前に工場見学が出来るところもあるので事前に見れるのは安心です。場所によっては通勤手当が出たり、雇用保険もかけられるのでもしもの時でも安心できますね。週休二日となっている場合がほとんどですが、休日出勤が必要な事もあるので自分の要望と一致するかよく確認しましょう。

静岡の工場の求人を検索する際、工場=製造現場であり、その中でも組立ラインなのか加工ラインなのか等、自分にあった職場を検索しましょう。

0 Comments
Read Full

医療職の資格、歯科衛生士の仕事は利点があるのか

歯科衛生士の仕事はどんなものなのか

「手に職」とは言うが、歯科衛生士は看護師とは違い、歯科領域だけの範囲の狭い仕事です。近年では、夜間の歯科衛生士学校が増え、日中働きながら歯科衛生士の資格を取る人が増えています。資格があれば、仕事に有利に働くのでしょうか。

歯科衛生士さんってどんな人?

歯科医院で、患者さんの歯の歯石を取ったり、歯の磨き方の指導をしたりなどの予防行為をします。また、診療の介助や補助も行います。歯科医院では、何人かの女性のスタッフが働いていますので、歯科助手さんなのか歯科衛生士さんなのかわからないですね。患者さんのお口の中に直接触れている人が歯科衛生士さんになります。歯科衛生士の仕事は、歯科医師の指導のもとでなければできませんので、独立開業することはできません。歯科衛生士の就職先の多くは歯科医院になります。その他、大学病院、総合病院や保健所などがありますが、その人数は限られています。

働く環境はどんな感じ?

歯科医院の診療時間は長いと思いませんか?長いお昼休みを挟み、夜間診療しているところも多くありますので、拘束時間は長いですね。歯科医院の規模もいろいろで、数名の先生がいるところもあれば、1人の先生で診療しているところもあります。こじんまりとしたところで働きたいと思う人もいるかもしれませんが、少ないスタッフの中で気の合わない人がいた場合などストレスの毎日になります。さらに先生と合わない場合などは仕事を続けることは厳しくなります。個人開業医ですと、リストラなどが行われることも少なくないでしょう。

歯科衛生士の募集では、子育てなどでブランクのある人でも応募可能な場合が多く、資格を活かしながら働けます。

0 Comments
Read Full

どんな仕事なの?警備員の仕事内容やその種類

警備員の仕事ってどんなもの?

警備員の仕事は名前の通り、指定された場所や施設、財産や人を警護するのが大きな仕事です。そのため色々なところに派遣される人もいれば、専属として雇用される場合もあります。ただし警備員はあくまでも民間企業の従業員としての立ち位置になっているので、警察官などのように特別な権限を持っていないところが特徴となっています。

基本的には警備会社などの専属の企業に雇用される形で従事するスタイルが多く、ある程度の条件を満たしていれば基本的にはどのような人でも出来る仕事だとされています。

警備員には4つの種類がある

警備員と一言で言ってもその業種は大きく4つに分けられていて、1号・2号・3号・4号と分類されています。

1号業務は事務所や遊園地、駐車場などの施設を警備するもので、一般的に見かける警備員のほとんどがこちらです。2号業務は交通警備で、主に道路工事や駐車場、イベント会場などの交通の多い場所での事故発生の予防に努めています。また3号業務は運搬警備として現金輸送車などの護衛を行っていますし、4号業務は所謂ボディーガードなどの身辺警護が中心です。

警備員として仕事をする場合は警備会社の選び方が重要

警備員として仕事をするためには警備会社に入社する必要があるのですが、そこで重要となってくるのが警備会社の選び方です。

まず警備会社によってどのような業務を中心として行っているのかが異なるので、自分がどのような警備の仕事をしたいのか明確にしておく必要があります。その上で警備員として必要な資格の取得を推奨して支援してくれるのかどうか、未経験でも安心できる研修体制が整っているのか、規模の大きさなどをポイントに比較検討するのが大切です。

警備員のバイトは24時間交代制で行われるため、自分の都合のいい時間帯に働くことができます。さらに、日払い制の場合が多く、すぐに給料を手にできます。

0 Comments
Read Full

メンタルヘルスを診る専門医!産業医ってこんなお仕事!

産業医ってどんなお仕事?

産業医という名前を聞いたことがある方は多いかもしれません。しかし実際に直接関わる機会は少ないため、どんなことをするのか知らないという方も多いです。そこで、産業医の仕事内容についてまとめました。産業医とは、労働者の健康維持のために専門的な立場から助言を行う医者です。一定数以上の労働者がいる企業では産業医の配置が義務付けられています。産業医は、労働者に対して、労働衛生に関する教育、健康診断や面接指導を行います。またストレスチェックが開始され、労働者の精神衛生に注目がされています。そこで、労働者が安全に働けるように、作業環境についての助言を行ったり、過重労働を防ぐための工夫を一緒に考えたり、労働者の復帰支援を行ったりします。

産業医と主治医の違い

産業医を配置すれば完全にもう問題ないということではありません。それは、産業医の専門と、主治医との違いにあります。まず産業医の専門は、必ずしも精神科であるとは限りません。内科医など、違う科を専門としている場合があります。従って、ストレスチェックや面接指導を行って、深刻な問題が見つかった場合は、医療への受診を勧めることになります。そのうえで、産業医が主治医と連携をしながら、労働者の衛生管理を行っていきます。

産業医を選ぶときのポイント

産業医を配置するにあたって、産業医を選ぶポイントがいくつか挙げます。まずは、産業医は主治医やEAPなどのメンタルヘルス関連職員と連携をしながらすすめていくことが大切になりますので、フットワークが軽く、色々な職種と進んで連携を取れることがポイントです。また予防医学を学び、メンタルヘルスについて幅広く学んでいることも大切です。

産業医の募集を行っている企業は全国に沢山あるので、産業医として働きたい人はしっかりと情報を確認して労働条件の良い企業を探した方が良いです。

0 Comments
Read Full