昼間の平日に働く?それとも夜や土日などに働く?

平日の昼間を中心に仕事をする

1週間のうち、平日は月曜から金曜を差します。最近は土日が休みになる会社や学校が多くなっているので、家族のライフスタイルの合わせるなら土日休みの仕事を選びたいと思う人もいるでしょう。工場での求人を見ると、それぞれの工業の操業に応じて選べるようになっています。工場には平日の昼間だけ操業しているところもあれば、平日は24時間操業しているところ、土日も関係なく操業しているところがあります。平日の昼間の仕事は他の曜日や時間に比べるとあまり時給は高くなりません。同じ仕事でも給料をたくさんもらいたいときには不満が出る可能性もあります。多くの人のライフスタイルと同じなので、家族との生活やいろいろなサービスは利用しやすくなります。

たくさん稼ぐなら夜や休日に働く

労働基準法では、割増賃金の規程があります。労働者に仕事をさせる時、ある時間に働かせるときは通常よりも多めの賃金を支払う必要があります。深夜から早朝にかけては深夜割増があり、休日には休日割増があります。工場での求人を探すとき、できるだけ稼ごうとするなら夜や休日を中心に働くようにしましょう。夜に関しては法律で決まっているので、必ず他の時間よりも賃金が多くなります。休日割増は、1週間に1日設けられる休日に働いたときに上乗せされるので、日曜日に働いたから割増になるわけではありません。ただ働きたいと希望する人が休日に少ないところでは、平日よりも高くしてくれている工場があります。その時は平日に休みを入れて土日などに働くシフトにすると稼げます。

フジアルテの求人情報なら