日別: 2018年1月28日

医療職の資格、歯科衛生士の仕事は利点があるのか

歯科衛生士の仕事はどんなものなのか

「手に職」とは言うが、歯科衛生士は看護師とは違い、歯科領域だけの範囲の狭い仕事です。近年では、夜間の歯科衛生士学校が増え、日中働きながら歯科衛生士の資格を取る人が増えています。資格があれば、仕事に有利に働くのでしょうか。

歯科衛生士さんってどんな人?

歯科医院で、患者さんの歯の歯石を取ったり、歯の磨き方の指導をしたりなどの予防行為をします。また、診療の介助や補助も行います。歯科医院では、何人かの女性のスタッフが働いていますので、歯科助手さんなのか歯科衛生士さんなのかわからないですね。患者さんのお口の中に直接触れている人が歯科衛生士さんになります。歯科衛生士の仕事は、歯科医師の指導のもとでなければできませんので、独立開業することはできません。歯科衛生士の就職先の多くは歯科医院になります。その他、大学病院、総合病院や保健所などがありますが、その人数は限られています。

働く環境はどんな感じ?

歯科医院の診療時間は長いと思いませんか?長いお昼休みを挟み、夜間診療しているところも多くありますので、拘束時間は長いですね。歯科医院の規模もいろいろで、数名の先生がいるところもあれば、1人の先生で診療しているところもあります。こじんまりとしたところで働きたいと思う人もいるかもしれませんが、少ないスタッフの中で気の合わない人がいた場合などストレスの毎日になります。さらに先生と合わない場合などは仕事を続けることは厳しくなります。個人開業医ですと、リストラなどが行われることも少なくないでしょう。

歯科衛生士の募集では、子育てなどでブランクのある人でも応募可能な場合が多く、資格を活かしながら働けます。

0 Comments
Read Full