どんな仕事なの?警備員の仕事内容やその種類

警備員の仕事ってどんなもの?

警備員の仕事は名前の通り、指定された場所や施設、財産や人を警護するのが大きな仕事です。そのため色々なところに派遣される人もいれば、専属として雇用される場合もあります。ただし警備員はあくまでも民間企業の従業員としての立ち位置になっているので、警察官などのように特別な権限を持っていないところが特徴となっています。

基本的には警備会社などの専属の企業に雇用される形で従事するスタイルが多く、ある程度の条件を満たしていれば基本的にはどのような人でも出来る仕事だとされています。

警備員には4つの種類がある

警備員と一言で言ってもその業種は大きく4つに分けられていて、1号・2号・3号・4号と分類されています。

1号業務は事務所や遊園地、駐車場などの施設を警備するもので、一般的に見かける警備員のほとんどがこちらです。2号業務は交通警備で、主に道路工事や駐車場、イベント会場などの交通の多い場所での事故発生の予防に努めています。また3号業務は運搬警備として現金輸送車などの護衛を行っていますし、4号業務は所謂ボディーガードなどの身辺警護が中心です。

警備員として仕事をする場合は警備会社の選び方が重要

警備員として仕事をするためには警備会社に入社する必要があるのですが、そこで重要となってくるのが警備会社の選び方です。

まず警備会社によってどのような業務を中心として行っているのかが異なるので、自分がどのような警備の仕事をしたいのか明確にしておく必要があります。その上で警備員として必要な資格の取得を推奨して支援してくれるのかどうか、未経験でも安心できる研修体制が整っているのか、規模の大きさなどをポイントに比較検討するのが大切です。

警備員のバイトは24時間交代制で行われるため、自分の都合のいい時間帯に働くことができます。さらに、日払い制の場合が多く、すぐに給料を手にできます。

警備員の求人はこちらから