メンタルヘルスを診る専門医!産業医ってこんなお仕事!

産業医ってどんなお仕事?

産業医という名前を聞いたことがある方は多いかもしれません。しかし実際に直接関わる機会は少ないため、どんなことをするのか知らないという方も多いです。そこで、産業医の仕事内容についてまとめました。

産業医とは、労働者の健康維持のために専門的な立場から助言を行う医者です。一定数以上の労働者がいる企業では産業医の配置が義務付けられています。産業医は、労働者に対して、労働衛生に関する教育、健康診断や面接指導を行います。またストレスチェックが開始され、労働者の精神衛生に注目がされています。そこで、労働者が安全に働けるように、作業環境についての助言を行ったり、過重労働を防ぐための工夫を一緒に考えたり、労働者の復帰支援を行ったりします。

産業医と主治医の違い

産業医を配置すれば完全にもう問題ないということではありません。それは、産業医の専門と、主治医との違いにあります。まず産業医の専門は、必ずしも精神科であるとは限りません。内科医など、違う科を専門としている場合があります。従って、ストレスチェックや面接指導を行って、深刻な問題が見つかった場合は、医療への受診を勧めることになります。そのうえで、産業医が主治医と連携をしながら、労働者の衛生管理を行っていきます。

産業医を選ぶときのポイント

産業医を配置するにあたって、産業医を選ぶポイントがいくつか挙げます。まずは、産業医は主治医やEAPなどのメンタルヘルス関連職員と連携をしながらすすめていくことが大切になりますので、フットワークが軽く、色々な職種と進んで連携を取れることがポイントです。また予防医学を学び、メンタルヘルスについて幅広く学んでいることも大切です。

産業医の募集を行っている企業は全国に沢山あるので、産業医として働きたい人はしっかりと情報を確認して労働条件の良い企業を探した方が良いです。