日別: 2017年11月28日

どんな仕事なの?警備員の仕事内容やその種類

警備員の仕事ってどんなもの?

警備員の仕事は名前の通り、指定された場所や施設、財産や人を警護するのが大きな仕事です。そのため色々なところに派遣される人もいれば、専属として雇用される場合もあります。ただし警備員はあくまでも民間企業の従業員としての立ち位置になっているので、警察官などのように特別な権限を持っていないところが特徴となっています。

基本的には警備会社などの専属の企業に雇用される形で従事するスタイルが多く、ある程度の条件を満たしていれば基本的にはどのような人でも出来る仕事だとされています。

警備員には4つの種類がある

警備員と一言で言ってもその業種は大きく4つに分けられていて、1号・2号・3号・4号と分類されています。

1号業務は事務所や遊園地、駐車場などの施設を警備するもので、一般的に見かける警備員のほとんどがこちらです。2号業務は交通警備で、主に道路工事や駐車場、イベント会場などの交通の多い場所での事故発生の予防に努めています。また3号業務は運搬警備として現金輸送車などの護衛を行っていますし、4号業務は所謂ボディーガードなどの身辺警護が中心です。

警備員として仕事をする場合は警備会社の選び方が重要

警備員として仕事をするためには警備会社に入社する必要があるのですが、そこで重要となってくるのが警備会社の選び方です。

まず警備会社によってどのような業務を中心として行っているのかが異なるので、自分がどのような警備の仕事をしたいのか明確にしておく必要があります。その上で警備員として必要な資格の取得を推奨して支援してくれるのかどうか、未経験でも安心できる研修体制が整っているのか、規模の大きさなどをポイントに比較検討するのが大切です。

警備員のバイトは24時間交代制で行われるため、自分の都合のいい時間帯に働くことができます。さらに、日払い制の場合が多く、すぐに給料を手にできます。

0 Comments
Read Full

メンタルヘルスを診る専門医!産業医ってこんなお仕事!

産業医ってどんなお仕事?

産業医という名前を聞いたことがある方は多いかもしれません。しかし実際に直接関わる機会は少ないため、どんなことをするのか知らないという方も多いです。そこで、産業医の仕事内容についてまとめました。産業医とは、労働者の健康維持のために専門的な立場から助言を行う医者です。一定数以上の労働者がいる企業では産業医の配置が義務付けられています。産業医は、労働者に対して、労働衛生に関する教育、健康診断や面接指導を行います。またストレスチェックが開始され、労働者の精神衛生に注目がされています。そこで、労働者が安全に働けるように、作業環境についての助言を行ったり、過重労働を防ぐための工夫を一緒に考えたり、労働者の復帰支援を行ったりします。

産業医と主治医の違い

産業医を配置すれば完全にもう問題ないということではありません。それは、産業医の専門と、主治医との違いにあります。まず産業医の専門は、必ずしも精神科であるとは限りません。内科医など、違う科を専門としている場合があります。従って、ストレスチェックや面接指導を行って、深刻な問題が見つかった場合は、医療への受診を勧めることになります。そのうえで、産業医が主治医と連携をしながら、労働者の衛生管理を行っていきます。

産業医を選ぶときのポイント

産業医を配置するにあたって、産業医を選ぶポイントがいくつか挙げます。まずは、産業医は主治医やEAPなどのメンタルヘルス関連職員と連携をしながらすすめていくことが大切になりますので、フットワークが軽く、色々な職種と進んで連携を取れることがポイントです。また予防医学を学び、メンタルヘルスについて幅広く学んでいることも大切です。

産業医の募集を行っている企業は全国に沢山あるので、産業医として働きたい人はしっかりと情報を確認して労働条件の良い企業を探した方が良いです。

0 Comments
Read Full

マンスリーマンションの暮らしやすさに注目しよう

一人暮らしを快適に過ごせるマンスリーマンション

数あるマンスリーマンションの中でも、一人暮らしの人にぴったりの設備が充実している物件は、若年層の社会人や学生などから関心が集まっています。

例えば、最新式の冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの生活のために役立つ製品が一通りそろっている物件の多くは、すぐに契約者が決まることも珍しくなく、日ごろからお目当ての地域の良質な物件情報を仕入れることがおすすめです。

マンスリーマンションの暮らしやすさ左右することとして、建物の間取りや日当たり、構造などがありますが、実際に興味のある物件の下見をすることで、ライフスタイルに合った物件を見つけることが大事です。

また、マンスリーマンションの設備の良しあしに関しては、管理会社の方針によって大きな違いがあるため、消費者からのニーズの高いところを優先的に探すことがポイントです。

家具家電付きマンションの入居費用を調べよう

家具家電付きマンションは、生活上の利便性が高く、契約を希望する人が多くいることで知られており、優れた設備がある物件を選ぶうえで、時間を掛けて条件に合うところをチェックすることが重要です。

特に、こうした居住環境の良い物件は、入居費用が高額になることがありますが、良心的な料金プランが採用されている管理会社のスタッフと話し合いをすることで、予算の範囲内でお気に入りの物件を選ぶことも可能です。

家具や家電の製造年月日や機能性、デザインなどは、マンションを選ぶ際に重視すべきポイントといえますが、初めて賃貸物件の契約を結ぶにあたり、実際に同様の物件に住んでいる人の感想をチェックすることがおすすめです。

マンスリーマンションは短期間、そのマンションに住む方にとってとても便利なマンションです。月単位で賃貸物件に住むことが出来ます。単身赴任の方以外にも、受験生や訪日外国人の方等ニーズも広がっています。

0 Comments
Read Full