子育てに負担が掛からない仕事を選ぶときのポイント

ママにおすすめの資格の取得方法

子育てがひと段落してから働きに出る女性は少なくありませんが、再就職のためにアピールできる資格を取得することで、内定率を高めることができます。例えば、簿記やパソコン、英会話などの業種にかかわらず様々な場面で役立つ資格については、20代から30代の女性を中心に需要が高まっています。こうした資格のメリットとして、子育てや家事の合間を縫って勉強がしやすいことや、学習のための費用が安く済むことがあります。また、専門学校に通ったり通信講座を受講したりする必要がありますが、医療や福祉に関係する資格については、キャリアアップにつながりやすいこともあり、安定した働き方を希望する女性にぴったりです。

育児と両立できる働き方を選ぶには

育児に負担をかけずに働くために、仕事内容や勤務時間などに注目をしながら求人選びをすることが大切です。特に、女性が働きやすい職場を探すうえで、パートやアルバイトなどの短時間の勤務を選択することもおすすめです。また、育児中のスタッフが多く働いている職場においては、勤務日や勤務時間を自由に決めることができる場合もあり、家庭生活との両立をしたい人に最適です。女性の人材活用を積極的に行っている企業では、育児休暇の期間を延長したり、人員配置にゆとりを持たせたりすることで、離職率の低下を目指そうとする動きが見られます。そこで、関心のある業界の女性の働き方に関して、経験者のアドバイスを参考にしながら、時間を掛けて把握をすることが良いでしょう。

シングルマザーの仕事探しで重要なことは、急な子供の体調不良、園や学校の行事などの欠勤に理解がある企業を見つけることです。